副業を始めるなら何がおすすめ?


side-job

近年日本でも公式に副業をしても良いという企業が多く現れるようになりました。もともと、世界の多くの国々では、本業とする仕事を続けながらサイドジョブと呼ばれる他の業種などでも追加収入を得るということは昔から珍しくなかったのですが、日本もそんな海外の流れに乗り、副業解禁する企業が増えたことから多くの方が、会社に勤めながら他にも収入源を作るという方は少しずつ増加傾向にあるような気がします。

この記事を読んでいる方にも、既に副業を始めているという方や、今後始める予定であるといった方は少なくないのではないでしょうか?

ここでは、そんな副業でもっと収入を得たい、他の稼げる副業は何かなどとお悩みの方には打ってつけな内容となっていますので、ぜひご参考になれば嬉しいです!

副業で沢山稼いで、今よりも良い生活をしていきましょう!

ここでは、主に在宅可能な副業についていくつかご紹介していきますので、興味がある副業が見つかったら明日にでも実行してしまいましょう!


副業① データ入力で稼ぐ


データ入力とは、Excelなどの計算表に指示されているデータを打ち込むことです。大手外注サイトのクラウドワークスやランサーズなどでは多くの中小企業や個人企業などが初心者の方でもできるようなデータ入力の求人を載せていますので、探すのに困ることは無いと思います。

また、初心者の方にも非常に簡単でパソコンをお持ちで、Excelなどの使い方の基礎知識を持つ方であればどなたでも始めることができますので、まず何を始めようと思いの方にはおすすめな副業の一つです。

報酬は、一回の依頼につき5000円~5万円と差がありますが、入力データ数や、計算しながら作業を進めていかなければいけないのかどうかなどといった条件で価格帯は大きく変わります。

体力的に動かなくても良いですし、黙々と作業を続けていきたい方にもおすすめですね。


副業② ライターとして稼ぐ


ライターを副業として稼いでいる方は結構多く、webライターとして活躍している方は非常に多く存在しています。

ライターもパソコン一つで始めることができ、ある程度の文章力は求められますが、数をこなしていけばいくほど、ライターとしての技術は上がっていくものなので、決して難易度が高い副業ではありません。

また、専門の話題(金融やゲーム系、投資、ギャンブルなど)となると、テクニックとしての知識や上手い書き方などが必要となってきますので、その分報酬は上がりますが、このような上級者もいる世界で企業やアフィリエイト事業主から選ばれなくてはいけないので、誰でもできるお仕事ではありますが、専門知識や文章力のテクニックは磨けば磨くほど報酬も高くもらえるようになるはずです。

一記事当たりの報酬単価は、基本的に1文字何円かという単位で決まってきます。

多くのライター募集求人で見てみると、基本的に1文字0.5円~1.5円が相場のようで、これがさらに専門的な記事となると1文字3円などと高くなっていきます。

そして、一記事書くためには、合計文字数が約2000文字~10000文字数といったところが多いので、

仮に一般的なブログ記事で1文字1.0円で4000文字で書くとしたら、一記事4000円という計算になりますね。

ライターとして初心者のうちは1時間に2000文字を打てるようになるのを基準にしてタイピングを早くできるように頑張りましょう!


副業③ ブックメーカーで稼ぐ


あまり知られていませんが、ブックメーカーで副業をすることも可能です。そもそも日本でも遊べるブックメーカーとは何なのかと思いの方から簡単に説明しますと、スポーツ試合に賭けてお金を稼ぐということです!

ブックメーカーとは、世界中のスポーツ試合に賭けてその予想が当たったら、賭けた時のオッズ数に従って配当金を受け取ることができます。

そのスポーツ競技は非常に多く用意されており、定番のサッカーや野球、バスケットボール、テニス、競馬を始め、ボクシングやEスポーツも賭け対象として用意されています。

ブックメーカーでは、競馬にもベット(賭け)することができ、日本の公営ギャンブルの競馬でいいや。とお考えの方には、ブックメーカーの競馬で賭けることをおすすめします!

その理由は、ブックメーカーで賭けることができる競馬レースは日本国内のレースのみならず、海外で開催されている競馬レースにも賭けることができることが一つ挙げられます!

また、日本の公営ギャンブルの競馬は日本政府が管理していますので、還元率(過去に賭けた金額のうち何割が最終的に手元に返ってくるかを示した割合)が約75%だと言われています。

それに対して、ブックメーカーの競馬での還元率はなんと95%という高い還元率を私たちに提供しているのです。

その理由は、ブックメーカーは基本的にインターネット上で賭けることができるネットギャンブルの部類に入ります。そのため、運営側は店舗費や光熱費、余分な人件費などをカットすることができるので、私たちにここまでのこう還元率で提供することができ、かつ運営も続けていくことができるのです。

ブックメーカー投資という言葉もあるように、ブックメーカーはこのように他のギャンブルなどよりも稼ぎやすいといった条件から投資目的としても利用されることがあり、スポーツのルールやブックメーカーの使いこなし方など最初のうちは難しいかもしれませんが、スポーツ好きで、世界中のスポーツ選手やチームなどに詳しい方、詳しくなりたい方にとってはよい投資、または副業といえるのではないでしょうか?!

カテゴリー: トレンド

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。