現在世界各地で見られる異常気象や自然災害。そのほとんどは、環境破壊によって進んだ地球温暖化が原因とされています。

世界各国でそんな危機的状況を打開すべく、さまざまな対策を行い、世界中の人が注目している状況です。

今回はそんな地球温暖化の原因や、その対策を解説していきます。エコな趣味なども紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

地球温暖化とは?


what-is-global-warming

地球温暖化とは、英語では「Global warming 」や「Climate Change」などとも呼ばれ、世界中で問題視されている気候変動です。

地球を暖める温室効果ガスが増加し過ぎることで、地球の温度が上昇している状態を指します。

本来温室効果ガスは、地球を生物の暮らしやすい暖かさに保つ効果をもつ必要な気体の総称です。

二酸化炭素や水蒸気、メタンなどが温室効果ガスの一種であり、中でも二酸化炭素は増加の一途を辿っています。

18世紀に起こった産業革命以降、化石燃料の使用や森林伐採などで二酸化炭素は増加し、大気のバランスを崩しているのです。

地球温暖化は嘘?


一方では「地球温暖化は嘘である」という主張をする人々もいます。

・地球の温度は上昇と下降を繰り返しており温暖化は人為的要因で引き起こされていない

・温暖化は政治やビジネスのためにでっち上げられている

以上の理由から地球温暖化を否定する意見も生まれ、「温暖化ブーム」は賛否両論に分かれました。

しかし現在では、地球温暖化が温室効果ガス、主に二酸化炭素によって引き起こされることを裏付ける研究結果も多く、地球温暖化が事実であることは世界的に証明されつつあります。

温暖化の指摘が始まった30年前ごろの地球の平均気温は上昇と下降を繰り返していたため、確かに傾向は曖昧でした。

さらに二酸化炭素ではなく、太陽活動の活発化や宇宙から降り注ぐ放射線の減少などが温暖化の原因であるという説も出てきて、地球温暖化の見方は多様化したのです。

そのため学会や国連でも、地球温暖化に関する意見を述べる際は断定的ではなく慎重な言葉を選んでいます。

その一方で上記の理由では、約100年間で1.1度の温度上昇を説明できません。

全ての議論や研究結果を照らし合わせてみても、温室効果ガスによる地球温暖化は明確である可能性が高いと言えます。

地球温暖化の主な原因


ここからは、地球温暖化を加速させると考えられているいくつかの原因を紹介していきます。

・先進国の工業地帯から排出されるガス

serious-global-warming

日本をはじめとする先進国には、衣類や家電などの生活用品を製造する工業工場がたくさんあります。その工場の1つ1つが生産活動に多大なエネルギーを使い、多大な二酸化炭素や有害ガスを出しているのです。

先進国は途上国の3倍以上もの二酸化炭素を排出していることも分かっており、早急な対策が期待されています。

そして現在では、地球温暖化問題を受けて多くの国の工業地帯が二酸化炭素の削減に向けて対策を開始。使用エネルギーも環境に優しいクリーンなものを選ぶ企業が増えています。

一方で工業地帯は広がりつつあり、先進国における温暖化対策は改善の余地が多く残されている状態です。

・車や飛行機などの移動手段

国々の運輸や人々の移動で使われる車や飛行機なども、地球温暖化を加速させる要因です。

地球全体の二酸化炭素排出量の約20%は交通手段から排出されています。特に気候負荷が大きいのは、二酸化炭素の排出量が多い乗用車。

世界中の生活の必須アイテムである車ですが、実は飛行機や電車よりも二酸化炭素を排出します。

そのため世界各国では、二酸化炭素を排出しない電気自動車やバイオ燃料で走る自動車の開発が進み、ガソリンで走る車を廃止しようという動きが生まれているのです。

石油を使わないカーボンニュートラルな移動手段・運輸手段を確立し、二酸化炭素の大幅な削減を目指しています。

・森林伐採や土地開発などの自然破壊

現在も世界のあらゆる場所では、産業地帯や工業地帯の開発のために多くの森林が伐採され続けています。

1分間に東京ドーム2個分前後の森林が減少していると言われており、地球環境への被害は甚大なものです。

二酸化炭素を吸収する働きを持つ森林がこのペースで減少を続けると、地球温暖化はますます加速していくでしょう。

また、増加し続けている二酸化炭素は、現在では年間約340億トンも排出されています。それに対して森林が吸収できる二酸化炭素は約180億トン程度。

毎年160億トンもの二酸化炭素があり、急速に温暖化を進めているのです。

既に自然の許容量を大きく超えた二酸化炭素を排出している私たち人間は、森林の伐採も続け、自ら地球を暮らしにくい環境へと導いています。

地球温暖化を加速させないエコな趣味


ここからは、地球温暖化を促進させずに楽しめる趣味を紹介していきます。

・散歩やランニング

地球環境に負荷をかけずに楽しめる趣味として代表的なのは、大幅な二酸化炭素を排出しない散歩やランニングです。

特に用意するものもなく手軽に始められる上に健康にも良いため、幅広い年代の人が楽しめます。

何か地球環境に優しい趣味を始めたいと思っている方におすすめです。

・古着の購入

新しい洋服をどんどん購入して古くなった衣類を廃棄することは、洋服の生産・処分に必要なエネルギーの消費を加速させ、地球温暖化につながります。

そのため、古着を積極的に購入することは、エコな趣味と言えるでしょう。

レトロなデザインやヴィンテージの雰囲気を楽しみながら、地球にも優しいスタンスを守れます。

・オンラインゲーム

online-bookmaker

自宅にいながら世界中の人々と遊べるオンラインゲームも、エコな趣味の1つと言えます。

飛行機や車を使って移動を繰り返す遊びよりも、電気の使用だけで楽しめるオンラインでの趣味は経済的で環境に優しい選択です。

中でもオンラインで簡単に行える「ブックメーカー」は、世界のさまざまなスポーツギャンブルを楽しめるおすすめの趣味。

サッカーや野球などの、世界中のスポーツ大会にお金を賭けて楽しめます。

合法で世界的にも認められている将来性のあるマーケットとして、日本でも人気急上昇中のオンラインギャンブルです。

実際に飛行機や船に乗って海外へ赴いてギャンブルをしにいかなくても、自宅でネット上から楽しめるため環境負荷も低いと言えます。

さらに還元率が95%と非常に高く、比較的低いハードルで儲けが出せるのもブックメーカーの特徴。

オンライン環境とスマホやパソコンなどのデバイスがあれば、24時間利用できるブックメーカーでどこにいても世界のスポーツにベットできます。

さらにブックメーカーは基本的に配当率が発表しており、初心者でも予想が立てやすいのも魅力です。流れが簡単に掴めるため気軽に挑戦できます。

・ガーデンニングや植林

庭やプランターを使って簡単に楽しめるガーデニングも、趣味をエコに楽しみたい方におすすめです。花やハーブ、野菜などを育てて日常的に自然と触れ合うことは、メンタル面にも良い影響を与えます。また野菜やフルーツなどを育てて収穫すれば、経済的かつ健康的です。

 

「簡単にできる努力で二酸化炭素は減らせる」


今回は、昨今環境破壊や気候変動を巻き起こす要因として問題視されている地球温暖化を詳しく紹介しました。

先進国の生産活動や運輸により排出される大量の二酸化炭素や、森林伐採などによって加速している地球温暖化は、現在各国で進められている環境対策や自然保護活動によって緩和されつつあります。

趣味や生活にもエコを取り入れることで、私たち一般市民も温暖化対策に協力していきましょう。

カテゴリー: トレンド

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。