もともと読書量が多い人は、幸福度が高かったり、理解力に優れていたりとさまざまな良い特徴を持っていると言われています。

また研究段階ではありますが、いくつかの調査では読書量と年収は比例していることも分かりました。そこで今回は、読書のもたらすメリットや、収入との感毛性などを解説していきます。

読書量を増やしたい、読書癖をつけたいと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

読書のメリットとは


reading-a-book

知識が身につくだけでなく、さまざまなメリットももたらすと考えられている「読書」。まずはいくつかのメリットを詳しく紹介していきます。

・集中力が高くなる

文章に集中する読書の時間を増やすことは、集中力を持続させる時間を増やすこと。

毎日一定の時間を読書にあてることで、脳を集中することに慣れていきます。

読書で鍛えられた集中力は仕事や学業でも活躍するため、読書は生活の質の向上に繋がる趣味と言えるでしょう。

読書を習慣化すれば、集中力をどんどん高めることが可能です。

 

・発想力や創造性が鍛えられる

文章を読んで脳内に映像を思い浮かべる作業を繰り返す読書は、あらゆる場面で活躍する発想力や創造性を鍛えることもできます。

文字から景色や人物、さまざまな場面を思い浮かべることで、脳は自然と活性化すること。

意識をしなくても読書を続けていれば、豊な発想力と想像力が手に入ります。

 

・コミュニケーション能力が上がる

読書量が多い人は、意識をしていなくても豊富なボキャブラリーや言い回しを習得しています。

そのため会話が上手になり、人と円滑にコミュニケーションがとれるようになるのです。

自分の感情を的確に文章化できる、話しやすい人になれます。

さらに、相手の言いたいことを汲み取る力も向上。スムーズに人間関係を築けるようになります。

・幅広い知識がインプットできる

小説や自己伝、自己啓発や専門書など、それぞれの本には豊富に知識が詰まっており、読書ではそんな知識を自然にインプットできます。

本1冊には幅広い知識が載っており、興味のある分野をどんどん学べるのが大きなメリットです。

また、本は特定の分野に関して記載しているものでも付随した情報が載っていることも多く、包囲的に情報をインプットできます。

・ストレス解消になる

イギリスの研究では、読書は心拍数の低下や体の緊張緩和などを促し、ストレスの解消にも役立つことが分かりました。

読書は最大68%ものストレスを軽減し、日常生活を快適にサポートします。この効果は、音楽を聴いたりお茶を飲んだりするよりも高く、即効性が抜群です。

仕事や学業で時間がない方も、隙間時間で少しの読書を続けることで効果を実感できます。

・ライティング能力が身に付く

持続的に読書で文章を読み続けることは、文章を書く力を身につけることにも役立ちます。

レポートや記事などの文章力をアップさせたい方は、ぜひ読書を習慣化してみてください。

読者にわかりやすく書かれ、編集された文章を読むことは文章力を大きく発展させる糧になります。

・分析力が向上する

読書は、情報を分析する能力も向上させます。大切なのは、日頃から文章を読んで物事を汲み取ったり認識したりすることを繰り返すことです。

この習慣を身に付ければ、入ってきた情報や目にした状況を冷静かつ客観的に分析できるようになります。

物事の把握能力、認知能力も高まるため、仕事や学業で客観的な視点を意識できるようになるのも大きなメリットです。

読書量と収入は関係する?


book-work

さまざまな調査により、読書量は収入にも大きく影響することが判明しています。

調査結果では年収1,000万円以上の人たちは、ビジネス書や専門書、自己啓発本などを日頃から読んでいるそうです。

この調査に関しては十分な核術的エビデンスはありませんが、総務省が公開した「家計調査」では、年収に伴って年間書籍購入費も増えていることが分かります。

 読書はSNSやTVと異なり、能動的に情報を収集できる方法です。

さらに情報の網羅性や信憑性も高く、あらゆる分野を正確に学べます。

そして読書で得た知識や情報収集力は、仕事での成功にもつながりやすい才能として身に付くのです。

読書量と収入量が比例するのは、そんな要因によるものではないかと考えられています。

読書量の多い人の特徴


ここからは、読書量が多い人の特徴を紹介していきます。

・高い幸福度を維持している

海外の調査で読書が習慣付いている人は、生活の満足度が高く、憂鬱な気分にもなりにくいと判明しました。

読書をしていない人と比べて幸せで充実した気持ちで生活を送っている人が多いのです。

さらに語彙力の高さは幸福感にも大きく影響することも分かっています。

これは読書により豊かな語彙を会得している人は、あらゆる状況を言葉にして理解することで幸せを感じやすいためです。

 

・精神的に安定している

読書は世の中の規則や仕組みを学び、障害を乗り越える方法を学べるツールです。

そのため、読書量が多い人は視野が広くさまざまな世界を知っており、精神面が安定しています。

誰かの成功や失敗、そして復活を読書で疑似体験することで、不安の解消方を無意識に学んでいるのです。

不安感が多い人は、読書を習慣付けてみると良いかもしれません。

・思考力が優れている

読書量が多い人は、思考力に優れている傾向にあります。

物事を論理的に分析し、自分で考えて答えを導き出す力を持っているのです。

このような高い思考力は読書を習慣付ける努力でも会得できるものなので、思考力を養いたいと考えている人は読書量を増やしてみてください。

・成長することに貪欲

努力をしなくても自然と読書量が増える人は、読書を通して成長することを目標にしている傾向があるのも特徴。

さまざまな分野に精通し、自分を成長させいくことを意識しています。

実際にビル・ゲイツをはじめとする世界の名だたる成功者たちも、時間な時間を読書にあてることで、自分の知識や能力を磨きました。

読書と並行して楽しめる趣味を増やす


find-new-hobby

ここからは、読書と並行して手軽に楽しめる趣味を紹介していきます。

読書だけが趣味、または読書以外にも趣味を見つけたいと考えている方はぜひチェックしてみてください。

・音楽鑑賞

CDやサブスクリプションで手軽に楽しめる音楽は、ストレス解消やリラックス促進効果も期待できる優れた趣味です。携帯とイヤホンがあれば場所や時間を問わず楽しめるのも大きな魅力です。

さらに音楽鑑賞は読書と一緒に楽しむことも可能。

本にマッチした音楽を聴けば、より読書を楽しめます。

・ブックメーカー

ブックメーカーは、世界で行われるさまざまなスポーツギャンブルを楽しめるサイトの総称。

サッカーや野球などの、世界中のスポーツ大会にお金を賭けて楽しめます。

合法であり、世界的にも認められている将来性のあるマーケットとして日本でも人気急上昇中のオンラインギャンブルです。

還元率は95%と高く、低いハードルで儲けの結果が出せます。

オンライン環境とデバイスがあれば、24時間どこにいても世界のスポーツにベットできる手軽さも魅力です。

さらに国内で人気のブックメーカーでは基本的に配当率が発表されているため、予想が立てやすいのも特徴。配当金が明確で、初心者でも気軽に挑戦できます。

時間や場所を気にせず楽しめるため、読書と並行して楽しむ趣味としておすすめです。

・散歩

読書はインドアな趣味ですが、公園や川辺などのアウトドアで楽しむ人も多くみられます。

ゆったりと散歩をしながら、合間合間で読書を楽しむことで、読書を心地良い環境で行えるのが魅力です。

さらに散歩は健康にも良い効果をもたらすため、心にも体にも好影響をもたらします。

「読書はメリットの多い優れた趣味」


読書は学生から社会人まで幅広い人が手軽に楽しめるもの。

その一方で、読解力や理解力の向上、ストレスの解消などさまざまなメリットも持っているのが魅力です。

さらに読書量は収入に好影響を与えるため、お金持ちになる第1歩にもなります。

今から読書を始めようとしている方は、ぜひ本記事で紹介したメリットを参考に、読書を習慣付けてみてください。

カテゴリー: トレンド

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。