ブックメーカー【格闘技】


bookmaker-fighting-sport

日本でも毎年年末に開催される格闘技マッチのRIZIN(ライジン)や、世界中で盛り上がるUFCやMMAなどの格闘技大会にもブックメーカーを通してベットすることができます。

格闘技に属している競技は多くありますが、ブックメーカーでメインにベットができる競技としては、ボクシングやMMAを中心にムエタイやテコンドー、レスリング、柔道なども格闘技競技に分類されます。

特に男性ベッターの方に格闘技を普段から観戦するという方も多いのではないでしょうか?

ここでは、そんな熱く盛り上がる格闘技ベッティングについての基本情報から賭け方などを解説していきたいと思います!

格闘技基本情報


格闘技はブックメーカーでどのような存在?

シーズン中になると世界中で熱く盛り上がる格闘技試合ですが、もちろんブックメーカーでは世界中の格闘技試合に、日本人外国人選手関係なく多くの選手を対象にベットすることが可能です。

また、数年前までは格闘技といえば主に男性の選手や、ファンの方も男性がメインであったのですが、近年では女性格闘家が次々と誕生していたり、健康意識の向上やダイエット目的でボクシングジムに女性の方も増えてきて、男女問わず人気のスポーツ競技へと変わっています。

また、階級ごとにベットすることもできますので、一つの格闘技だけでも多くの選手に幅広くベットができることも特徴です。


格闘技の賭けは日本で違法?

そんな格闘技を見ながら実際に賭けていくのは日本で安全なのでしょうか?

ブックメーカーの違法性に対して、最初は心配してしまうかもしれませんが、日本でブックメーカーを通して遊ぶことは完全違法にはなりません。

厳密にいうと、日本ではブックメーカーを含むオンラインギャンブルに対しての法律が明確に定められていませんので、ブックメーカーが合法か違法かというラインが決められていないのが事実です。

しかし、日本国内で安全なブックメーカーサイトの中でご紹介しているブックメーカーサイトでは、ブックメーカーを安全に遊ぶための大前提として「海外を拠点に運営されている」「海外の政府から公的ライセンスを既に取得済み」の2つの条件を満たしているサイトのみをご紹介しています。

日本でブックメーカーを使う際には、必ず海外拠点で運営されているブックメーカーを選ぶようにしましょう。

日本国内で運営されているものは、日本の賭博罪に完全に違法しているものです。しかし、海外で運営されているブックメーカーは、その運営国の法律に基づいて運営されていますので、日本の賭博罪やその他の法律は対象にならないのです。

海外のギャンブルは、日本の法律が適用されないので、ブックメーカーや海外のカジノクラブで皆さまが遊んでも、取り締まられることがないのです!

その証拠に、未だ日本国内で海外のブックメーカーを利用したことで問題になった例が報告されていません。

ブックメーカーに登録する際は、上記の2つのポイントをしっかりと確認してから遊ぶようにしましょう!


格闘技ベットのおすすめポイント

格闘技ベットの魅力的なポイントとしては、世界的に日本人のプロ格闘家が多く活躍してきており、小柄ながらも階級ごとにブックメーカーではベットすることができますので応援している日本人選手にももちろんベットすることが可能です。

それでも、まだまだ外国人選手が格闘技業界には多いですが、そのプロ外国人選手の迫力ある試合模様もライブ中継で観戦することもできますので、画面から目が離せなくなってしまうこと間違いなしです!

また、個人競技ということもあり、選手の過去の成績や対戦相手とのマッチなどの情報を分析しやすく、試合の勝敗予想が比較的しやすいということも挙げられます。

シーズン中は世界中のベッターが格闘技ベッティングに参加するほど、多くのスポーツベットのなかでも非常に揺るぎない人気を保ち続けている競技でもあります。

格闘技ベットできる試合種類


ここでは、ウィリアムヒル【レビュー】を参考に、格闘技ベッティングができる試合の種類をご紹介します。

・MMA

・UFC

・Bellator 

・RIZIN

・世界中の国際ボクシングマッチ

ウィリアムヒルでは、数多くの幅広い総合格闘技やボクシング試合にベットすることが可能です!

また、ライブベッティング機能も提供されていますので、試合をリアルタイムで追いかけ状況によってベットの判断をしたい方には打ってつけの賭け方法です!

格闘技ベッティングの必勝法


fighting-sport-strategy

1.マネーラインでベットする

マネーラインとは、ブックメーカーでは定番の賭け方で、試合結果の勝敗を予想してベットすることです。

ブックメーカー初心者の方からベテランのベッターの方までが基本的にこの賭け方を多く使います。

格闘技での試合勝ち負けの判定は、試合会場の審判のジャッジによって若干の変わりがあるので、私たちにはなかなか見分けが難しいところですが、主に勝敗を決める格闘技の試合要素は以下があります。

・KO(ノックアウト):選手がダウンし、立ち上がれなくなることで試合の勝敗が付くこと

・TKO(テクニカルノックアウト):選手同士の力の差が大きすぎるときや、試合中で発生した負傷によってこれ以上の試合継続ができないと判定されたときなど

・DQ(失格):審判のジャッジによる失格行為があった場合など

主に、マネーラインでは、これらで出される判定の要素を利用します。


2.その他のベット方法を試してみる

格闘技ベッティングには、上記のマネーラインの他にも様々な賭け方があります。

マネーラインでの賭け方以外にも試してみたい中上級者向けにはピッタリの賭け方ですので、少しずつベット方法のバリュエーションを増やしてコツを掴んでいきましょう!

・Over/Under ベット:通常は、勝敗が決まるまでに何ラウンドまで続くか、またはファイトの合計時間に対して予想をしてベットする賭け方です。

一般的に3ラウンドまでの戦いの場合は、1.5以上~2.5以下で設定されます。

Overとは、続いたラウンド数や試合の合計時間がブックメーカーに表示されている数字よりも長くなった場合、またUnderとは実際よりも短くなった場合のことを予想して賭けます。

・プロップベット:この賭け方は試合結果には直接関係がない賭け方で、試合の勝敗を賭けるマネーラインや、Over/Underベットとは変わった視点でのベット方法です。

例えば、どちらが先にポイントを取るか、どちらが先に相手選手のグローブをさわるか、どちらが先に反則を取るかなどに対してベットをします。

ドロップベットのベット種類は、純粋にブックメーカーのサイトによって内容が違います。幅広い種類のベット種類を用意しているものもあれば、特定のベット種類のもののみに制限しているものもあります。

スポーツの試合流れとは直接関係のない賭け方で、人気の高い賭け方の一つです。


3.ライブベッティング機能を使う

格闘技競技は基本的に一対一での対戦になります。また、激しいマッチをおこなうので、いつケガがあって、試合が中断や思ってもいなかったフェイバリット選手の敗退が決まることも珍しくありません。

そのため、ライブベッティング機能を使って、ベットすることで予想外の展開に柔軟にベットを変えたり、対策を取ることができますね。

キャッシュアウト機能が付いているブックメーカーサイトも多いので、途中でベットを降りて今確実に受け取れる配当金のみをゲットすることもできますので、試合の流れを上手に読み取り、効率の良い賭け方をしていきましょう!

格闘技ベットで勝つコツ


格闘技ベッティングで勝てるようになるためにはどうすれば良いのでしょうか?ブックメーカーはギャンブルなので、絶対に勝てる方法というものは存在しないというのが正解です。

しかし、勝てるように上記の賭け方を使って戦略立ててベットすることは十分可能です。

また、格闘技試合はお互いの選手の階級が同じだったとしても、過去の実績や体格さが大きく生まれやすいのが一つの特徴です。

試合中はいつケガが起きるのか、フェイントで倒れてしまうのか、思いがけない技で試合の流れが変わってしまうのかが頻繁に起こりやすくもありますので、常に試合の状況を見て素早い判断力を持ってベットに臨むことが必要です。

そのため、アンダードッグ選手にも躊躇せずにベットして、その選手が勝つ可能性も十分にありますので、ご自身の分析結果と直感力を鍛えてベットしていきましょう!

コツは少しずつですが、ベットを続けていくごとに身に付いていくものなので安心してくださいね!

まとめ


最後に、ここまで格闘技ベッティングについて解説してきました。格闘技は年々熱く盛り上がる競技へと進化しており、男女を問わずに熱狂的なファンを持ちます。

世界で代表的な国際試合にもベットすることができるので、次のシーズンが待ちきれませんね!

最後に、熱狂的なファンを持つ競技といえば、ラグビーベットもそのうちの一つと言えるでしょう!発祥のヨーロッパを中心に高い人気を持つスポーツ競技ですが、日本でも日本代表チームが強豪南アフリカ戦に勝利したことで、日本国内で知名度が上がりました。

たまには違うスポーツ競技にベットしたいとお考えの方には打ってつけの競技です!