ズバリ、今儲かるスポーツ競技とは何?


big-money-sports

テレビやネットの中では様々なスポーツ観戦をすることができますが、どのスポーツをする人が儲かっているのでしょうか?

ヨーロッパのサッカー選手は移籍金だけでも何億という額が動いたり、日本のプロ野球選手も年俸何千万円ももらっていると聞きますね。

そんなにプロの世界は儲かるのか。と羨ましくもなりますが、スポーツ選手としての寿命は短いものですし、次々と新しい若手の選手が入ってくると同時に戦力外通告されてしまったら、選手として稼ぐことはできなくなってしまいます。

このように、活躍できれば桁外れの報酬を獲得できると裏腹に、ケガなどで選手として活躍できなくなってしまえば、報酬額は一気に下がってしまうというようなリスクが常に付きまといます。

そこで、今回は今の世界では、どんなスポーツで活躍している選手が稼いでいるのか、具体的にどのくらいの額を稼いでいるのかというのを調べていきたいと思います!

学生の頃はスポーツ選手に憧れていたが、もうスポーツ選手としての夢は叶えられないという方には、ぜひ稼げるブックメーカーでスポーツに関わって稼いでみることはどうでしょうか?!

ブックメーカーとは、別名スポーツブックとも言われ、一般的にスポーツ試合の勝敗予想に対して賭けていくというオンラインギャンブルの一つです。

日本の公営ギャンブルとしては、競馬やtotoがありますね。しかし、これらよりもブックメーカーをおすすめする理由として、以下の要素を持っています。

・世界中のスポーツ試合や競馬レースに賭けることができる

・還元率が圧倒的に高い

まず、日本で安全に遊ぶことができるブックメーカーは必ず海外を拠点として運営されているサイトを選びましょう。

私たちがおすすめしているブックメーカーは全て海外運営されているサイト、かつ海外政府から認定ライセンスを取得しているもののみをご紹介していますので、安全性については過度に心配する必要はないかと思います。

そんなブックメーカーでは、日本のみならず世界中のスポーツ観戦ができ、それらにベットすることが可能なので、24時間どこかで試合が開催されている限り賭けに参加することが可能です!

最後に、ブックメーカーの還元率の高さは、国内公営ギャンブルと比べて圧倒的な高さを誇ります。

還元率とは、簡単にいいますと過去に賭けてきた総金額のうち、最終的に何%が返ってくるのかというデータを表している数値です。

日本のtotoは50%、競馬は75%、パチンコは80%というデータが発表されているのに対し、ブックメーカーはなんと95%もの還元率の高さが自慢です!

その理由としては、ブックメーカーはインターネット上で楽しめるオンラインギャンブルですので、運営側に店舗代や光熱費、余分な人件費を大胆にカットすることができるので、私たちベッターに向けてここまでの高い還元率を提供することができるのです!

この機会に、もうプロスポーツ選手にはなれないけれど、ベッターとして稼いでいくことは十分に可能です!


サッカー


サッカー選手に、子どもの頃に憧れた方もきっと多いのではないでしょうか?

サッカー選手といってもヨーロッパを拠点に活躍している選手から、国内のJリーグを中心として活躍している選手、地域や会社に所属しているチームで活躍している選手とでは、年俸の差が非常に広いですし、もちろん選手ごとの成績、チームとしての成績から一人一人違うため、一概にいくらだということは不可能です。

しかし、例としてここでは夢あるヨーロッパで活躍している日本人サッカー選手の年俸についてインターネットからの情報ですが、ご紹介していきたいと思います!

皆さんご存知の、サッカー日本代表選手でもある、吉田麻也選手は現在イタリアのサンプドリアに所属しています。

その他にも過去にはイングランドやオランダのサッカーチームに所属しており、サッカー選手としての地位を確立している一人のプロ選手ですね。

若くして海外を拠点に活躍している吉田選手の年俸もすごいそうで、シーズン2021-2022での年俸は、なんと128ユーロ(約1億6,800万円)と発表されています。

また、週給が2万4615ユーロ(約320万円)ということで、日本の平均年収程度を1週間で稼いでしまうというほどの実力を認められています。

しかも、吉田選手は一つ前のイングランドのサウサンプソンに所属していた際は、年俸約3億円を獲得していたということですから、他のサッカー選手と比べてみても、かなり稼いでいる選手といっても過言ではないはずです!


Eスポーツ


次にいま世界で話題のEスポーツについてです。Eスポーツとは、実際にスポーツをして戦うというスタイルではなく、スポーツや格闘系、対戦系などの様々なジャンルのゲームで勝負していく、ゲーム実況のジャンルに入るスポーツ競技です。

ゲームなのになぜスポーツの内に入るのかと疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、世界の動きでは、Eスポーツをオリンピックの公式競技へと追加させようという動きも出ており、世界でEスポーツの競技人口はなんと1億人をとっくに超えています。

また、そのゲーム実況を観戦する人口はなんと6億人を超えています。

ここまでEスポーツの市場規模は拡大しており、今後も増々成長していくことが十分に見込まれているスポーツと言えますね。

そこで、世界のプロゲーマーと呼ばれる人は、Eスポーツで一体いくらくらい稼いでいるのでしょうか?

世界規模で活躍しているプロゲーマーの一人、KuroKy選手(ドイツ)は、個人で戦ったゲーム大会での総合獲得金額は約2億7000万円とされています。

先ほどご紹介したサッカー選手の吉田選手に並ぶ勢いの額ですね!

しかし、Eスポーツの世界もサッカー業界と同じように厳しい世界で、ほんの数握りのトップゲーマーと呼ばれる方のみがここまでの金額を獲得できるのです。

また、日本人選手でEスポーツ業界では名高い、ときど選手は東大卒のプロゲーマーとして活躍している日本トップ選手です。

その実力を認められ、今はアメリカのEスポーツ団体のEcho Foxに所属しており、約2000万円ほどの年俸をもらっているようです。

Eスポーツというと、未だにただのゲーム好きが集まって盛り上がっているだけなのではないかと思っている方も多いかもしれませんが、彼らは体を動かしてスポーツをするというよりも、非常に頭脳派で戦略的にゲームを攻略していく、戦っていくというスタイルで活躍していますので、やはり一般の方に簡単に真似できることではありません。

今や人気スポーツ選手と同じくらいか、もしくはそれ以上を稼ぎ出している、今どきの稼げるスポーツとして人気急上昇中です!

カテゴリー: トレンド

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。