ブックメーカー入出金はどうやってする?

お得でオススメの方法は?

bookmaker-all-payment

ブックメーカーをこれから楽しみたい!という方や、もっと他に簡単でお得なブックメーカーの入出金方法は何かないかな?と思いの方全ての方に向けて、ご紹介したい『ブックメーカーの入出金方法』

基本的に、こちらでご紹介する日本で遊んでも大丈夫なブックメーカーサイトは、全て海外を拠点に運営されているサイトです。違法性のあるブックメーカーには決して登録しないようにしましょう!

これからブックメーカーを始める方にとって、安心安全なサイトを選ぶということは一番頭に入れておきましょう!

そのため、ブックメーカーサイトに実際に入金・出金する際には、お持ちの日本円をオンライン上で使える決済サービスを通して、ブックメーカー側へ送金する必要があります。

出金作業に関しても、ブックメーカーからお手持ちの銀行口座へと送金する必要性があります。

海外のサイトへお金を送るなんて難しそう、お金が変なところへ流れてしまわないか心配、そもそもオンライン決済サービスって何、といった声が挙がってきそうですが、答えはこちらのページで全て解説しています!

また、入出金の方法と仕組みを正しく理解し、正しく使えばお金の行方が不安などといった心配は不要です!

もちろん、こちらで紹介しているオンライン決済サービスも信頼性が高く、多くの国で使われているもの、多くの利用者を持つものをご紹介していますので、ご安心ください!

今後、新しくオンライン決済サービスを利用しようと思っている方は、こちらでご紹介している様々なオンライン決済サービスを試してみて、どれが一番使いやすいか、どれがどのブックメーカーサイトで使えるかといったことを吟味しながら、お気に入りのサービスを見つけてくださいね!

そもそも、オンライン決済サービスって何?


オンライン決済サービスというものは、簡単に言うとネット上での支払いが出来てしまうサービスのことを指します。

一昔前は、現金でしか支払いが出来なかったり、支払いをする際に財布の中に現金がなかったらATMまで行って、現金を下ろさなければいけなかたりと、多くの不便がありましたね。

しかしながら、現代はクレジットカードやデビットカードなどが普段の生活で当たり前のように使われるようになったり、インターネットバンキングで海外送金まで出来てしまったり、インターネットショッピングが日常生活で当たり前のように使われ始めて、オンライン決済サービスと呼ばれるものを使ってパソコン画面をポチっとクリックするだけで支払いが完了してしまったりと、決済に対してハードルが低くなり24時間いつでもどこでも支払いができるようになりました。

この背景にあるのが、オンライン決済サービスです。または、ネット決済サービスや、オンライン支払いシステム、ネット決済、eペイメントなどとも呼ばれます。

今の時代は、実際の場で現金を使うよりも、ネット上で支払いを完了させて生活する人も多くなっています。

ブックメーカーもいうならば、インターネットショッピングのように、お手持ちの銀行口座からネット上での入金・出金を完了させて、実際にベットしたり、配当金を受け取ったりすることが出来ます。

もちろん、ブックメーカーによってはクレジットカードが入出金方法に使えたり、仮想通貨も使えるサイトもありますので、お使いのブックメーカーサイトで導入されている入出金方法を見てみてください。

各ブックメーカーで使える主な入出金方法


多くのブックメーカーで使われている入出金方法としては以下の方法があります。

・クレジットカード(VISA、Mastercard、JCBなど)

・オンライン決済サービス(ecoPayz、Venus Point、iWalletなど)

・仮想通貨(Bitcoin、Ethereum、Litecoinなど)

全てのブックメーカーサイトで、これらの方法が使えるわけではなく、ブックメーカーによって使える入出金ツールは変わってくるので、事前にブックメーカー側が何の入出金方法を導入しているのかを調べる必要があります。

各ブックメーカーが導入しているオンライン決済ツール

williamhill

<入金>ecoPayz(エコペイズ)・MuchBetter(マッチベター)

<出金>ecoPayz(エコペイズ)・MuchBetter(マッチベター)

ウィリアムヒルはクレジットカードが過去に直接の入金作業として使えたのですが、今現在はストップしています。


bet365

<入金>ecoPayz(エコペイズ)・AstroPay(アストロペイ)・クレジットカード

<出金>ecoPayz(エコペイズ)

bet365の出金はecoPayz(エコペイズ)と銀行送金です。しかし、日本国内ではbet365の出金方法に関わらずどのブックメーカーでも難易度が非常に高いです。

その理由としては、ブックメーカーを始めとしたオンラインギャンブルサイトからの入金を日本国内銀行はブロックしてしまうからです。

そのためbet365の出金として銀行へ送金という手段もありますが、日本国内ではまず難しいと考えて良いでしょう。


1xbet

<入金>ecoPayz(エコペイズ)・STICPAY(スティックペイ)・MuchBetter(マッチベター)・仮想通貨

<出金>ecoPayz(エコペイズ)・STICPAY(スティックペイ)・MuchBetter(マッチベター)・仮想通貨
1xbetの出金には、ecoPayz(エコペイズ)とSTICPAY(スティックペイ)、MuchBetter(マッチベター)、仮想通貨が利用できます。今話題の仮想通貨での出金ができるブックメーカーはまだ多くはないので便利なサービスですね。


pinnacle

<入金>ecoPayz(エコペイズ)・クレジットカード・仮想通貨

<出金>ecoPayz(エコペイズ)・仮想通貨

ピナクルスポーツの出金にはecoPayz(エコペイズ)、仮想通貨が利用できます。ピナクルでも出金や入金の際に多くのネット決済ツールが使えるので入出金に便利なブックメーカーの一つですね。

それぞれの入出金方法のメリット・デメリット


ブックメーカーの入出金方法は様々ですが、どれもメリットとデメリットがあります。

これらをよく理解したうえで使っていく必要があります。

ここからは、それぞれのメリット・デメリットを解説していきます。

・クレジットカード

creditcard-good-bad-point

ブックメーカー以外でも、日常生活で欠かせないクレジットカードですが、ほとんどのブックメーカーが採用しているカードブランドは主にVISAやMasterCardとなっています。

ブックメーカーによっては、JCBやDiners Clubなども採用し始めるサイトも増えてきています。

クレジットカードの最大のメリットとしては、入金作業が完了したら即座にブックメーカー側のアカウントに反映されることです。

また、日常的に使っている方も多いと思いますので、その入金作業に慣れがあるのも魅力的な入金方法だといえると思います。

デメリットとしては、ブックメーカーによりますが、入金手数料が若干高めに設定されている場合が多く、入金スピードを取るか、手数料の金額を重視するかというところで、多くの利用者の悩みとなるケースが多いです。

また、日本で発行されたクレジットカードのほとんどはブックメーカーの入金にはじかれることが多いです。この理由としては、日本政府のもとでクレジットカードからブックメーカーを始めとしたオンラインギャンブルサイトへの支払いをブロックしているからです。

中には使えるカードも稀にありますので、一度試してみて、利用ができないのであればオンライン決済サービスをメインに使うようにしましょう。

クレジットカードは入金作業のみ可能で、ブックメーカーの出金の際はクレジットカードを通して行うことは出来ません。

そのため、ブックメーカーからの出金方法として、他の決済方法を用意しておく必要性があります。

<クレジットカード入金メリット> <クレジットカード入金メリット> 
・カード情報を入力するだけなので、入金作業が非常に簡単
・ブックメーカー側に金額が反映される時間がスピーディー
・他の決済サービスを挟まなくていいので、余分なプロセスを省略できる
・ブックメーカーサイトによっては手数料が高く設定されている場合がある
・ブックメーカーからの出金作業には使えない
・カードによっては、ブックメーカーなどのギャンブル部類には入金が拒否されることがある

・オンライン決済サービス

online-payment

多くのブックメーカーで利用されている入出金ツールが、このオンライン決済サービスです。

きっと皆さまも基本的には、このeペイメントを使って入金や出金をおこなっている方が多いのではないでしょうか?

なんといってもそのメリットは、ブックメーカー側もこれら複数のオンライン決済サービスを導入しており、複数のブックメーカーの入出金を一つのアカウントで資金管理ができることが魅力的だといえます。

例えば、ブックメーカーおすすめサイトのウィリアムヒルとベット365を普段から愛用しているとします。

これら2つのブックメーカーは、オンライン決済サービスのうちの一つである、ecoPayz(エコペイズ)を入出金方法として採用しています。

そのため、エコペイズのアカウント一つ持っていたら、どちらのブックメーカーの入出金方法に対応しているため、他のオンライン決済サービスを登録するする必要が無いので非常に楽だと思います。

また、デメリットとしては、このネット決済サービス会社が突然サービス内容を変更してしまったり、何らかの事情で日本でのサービスを停止してしまったりなどすれば当然これから利用することが出来なくなってしまいます。

また、このネット決済サービスを実際に利用する際は、登録作業として本人確認書類をネット上にアップロードして審査をしたり、その作ったアカウント内に銀行送金などでお金を送金しなくてはいけなかったりと、人によっては手間だと感じてしまうかもしれません。

しかし、登録は最初に一度してしまえば、あとはする必要がないので最初だけの我慢です!

<ネット決済サービス入出金メリット> <ネット決済サービス入出金メリット> 
・最も多くのブックメーカーでの入出金に対応している
・資金管理がネット上で管理でき、スマホで管理できるものもある
・突然のサービス内容が変更になる場合があるかもしれない
・最初の個人情報登録作業や、審査が面倒

ブックメーカーおすすめオンライン決済サービス


ecopayz-register

ecoPayz(エコペイズ)

多くのブックメーカーで導入されているネット決済サービスといったらエコペイズです。

エコペイズ入金としては、銀行送金や近年人気の仮想通貨から入金が出来ます。残念ながら、エコペイズではクレジットカードを使っての入金は、その後のブックメーカーや他のギャンブルサイトに送金が出来なくなりますので注意してください。

しかし、エコペイズは、完全日本語に対応しており、何か問題や聞きたいことも日本語でのサービスを提供しています。

特に、初めてのオンライン決済サービスとして最もおすすめできるツールです!

venuspoint-register

VenusPoint(ヴィーナスポイント)

ヴィーナスポイントとは、他のネット決済サービスとは一味違って、提携しているブックメーカーとの間でお金からヴィーナスポイントという独自のポイントに変えて、ポイントを「受け取る・送る・換金する」ことが可能です。

貯めたポイントは、お手持ちの銀行口座へ送金し、現金を引き出すことが可能です。

このポイントというのがお得な点となり、ポイントが増えれば増えるほどポイントバックとして同時に引き出せる金額も増えていくという仕組みができています。

sticpay-register

STICPAY(スティックペイ)

日本国内でブックメーカーを楽しんでいる方に人気のスティックペイですが、最も入出金に利用しているベッターが多いEペイメント方法としても有名です。

その理由として、スティックペイへの入金やスティックペイからの出金方法として、銀行送金・クレジットカード・仮想通貨・専用のスティックペイカードといった風に、非常に多くの入出金オプションがあるといった点が魅力的です。

iWallet-register

iWallet(アイウォレット)

世界的に人気度、知名度共に高いアイウォレットですが、ブックメーカーのみならずオンラインショッピングやビジネスシーンでの利用、FXでの利用もできる万能ネット決済サービスです。

Coincheck-register

Coincheck(コインチェック)

近年人気の仮想通貨を使った入出金方法として使える日本で生まれたネット決済サービスです。海外の仮想通貨取引所を使うのが不安という方には打ってつけの日本ブランドの取引所です。

muchbetter-register

MuchBetter(マッチベター)

ネット決済サービスの中では比較的若い決済会社ですが、既に多くのオンラインペイメント関係の賞を受賞して運営を続けています。

ブックメーカーのみに関わらず、オンラインゲーミングや、個人間の送金など様々な用途でも使われているグローバルな決済サービスです。

astropay-register

AstroPay(アストロペイ)

他のオンライン決済ツールとは一味違ったアストロペイは、ネット上に存在するバーチャルプリペイドカード式の決済方法の一つです。

プリペイドカードなので、購入した分の金額のみブックメーカーへ入金ができます。そのため、ブックメーカーから出金をする際には他のネット決済ツールを用意しておく必要があります。

tigerpay-resister

Tiger Pay(タイガーペイ)

タイガーペイは通貨以外にも、仮想通貨を使って入出金ができる2021年に誕生した非常に新しいネット決済サービスです。

まだまだ、新しい決済会社ということで採用されているブックメーカーの数は多くないですが、今後その便利でシンプルな使い方から数々のブックメーカーで導入されるのを期待できる決済方法の一つだといえます。

・仮想通貨

ビットコインを始めとした、多くの仮想通貨の銘柄を使ってブックメーカーの入出金方法として使えます。

近年さらに仮想通貨を入出金方法として導入してきているブックメーカーサイトが多くなってきており、その使い勝手もどんどんシンプルに速くなってきています。

仮想通貨を入出金に使うメリットとしては、手数料が非常に安く設定されていることです。日本円からドルなどといったように、為替相場の影響を受けることがないためですね。

また、デメリットとしては、世界共通の通貨なので通貨を変えるときに発生する手数料は発生しないものの、仮想通貨の世界では価格変動が起こります。

この価格変動の影響をブックメーカーでの入出金では受ける可能性がありますので、入金した時の金額と、出金した時のコインの通貨が同じであっても、実際の価格が違うということが起こり得ますので注意したいところですね。

<仮想通貨入出金メリット> <仮想通貨入出金メリット> 
・手数料が比較的安く設定されている
・入金出金のスピードが早い
・セキュリティー対策はバッチリ
・価格変動の影響を受ける可能性がある
・まだまだ仮想通貨を入出金として使えるブックメーカーは多くない

入金する際の注意点


ブックメーカーへ入金する際の注意点をいくつかご紹介します。

1.アカウント作成時や入金の際は間違いのない正しい情報を入力すること

ほとんどの決済サービスに初回登録をする際には、最低限の個人情報の入力が必要です。

この際に、間違いがないかを確認しながら手順に従って進めていきましょう。

個人情報登録は後から修正が効きますが、実際の入出金の際に数字を一文字でも間違えると、入出金がスムーズにいかなかったり、決済サービス側の手続きが滞りアカウント反映までに時間がかかってしまいます。

2.入金申請完了後にアカウントに反映しないからといって、何度も同じ手順を繰り返さない

時には、システムトラブルや何かの手違いによって、なかなか送金先のアカウントに金額が反映されない時がくるかもしれません。しかし、ここで焦って何度も同じ手順を繰り返すのは良くありません。

特に、後で気が付いた時には元々入金しようと思っていた金額よりも多く入金してしまったという状況になりかねません。

アカウント反映に普段よりも時間がかかっている時は、まずは少し様子を見て、それでも反映されなかったらカスタマーサービスに連絡をしましょう。

出金する際の注意点


次に、上記の入金の際に気を付けることと若干似ていますが、ブックメーカーからご自身の資金受け取り用口座へ出金する際の注意点をいくつかご紹介します。

1.出金先の銀行登録の情報は間違いがないように気を付ける

せっかくブックメーカーで稼いだ資金を出金する際に、出金先の銀行情報が間違っていたら出金申請の後、資金を受け取ることが出来ません。

オンライン決済サービスの出金準備作業に滞りがでるだけではなく、最悪の場合他の銀行口座へと振り込まれてしまうかもしれません。

出金先のアカウント情報は、二度三度の確認を欠かさずにしましょう。

2.手数料の額に注意しましょう

出金方法としては、主に銀行送金や仮想通貨がありますが、どのネット決済サービスが一番お特に資金を受け取れるかをシミレーションしてみましょう。

できれば、せっかく稼いだ資金なのですから少しでも多く受け取りたいですよね。

資金を引き出す際も土日のATMからなどは、手数料がかかる可能性がありますので、普段ご自身が使っている口座などの手数料を把握しておくと、少しでも多く資金を引き出すことができますね。

入出金のトラブルが発生したらどうすればいいのか?


ブックメーカーやオンライン決済サービスによっては、時間帯や入出金方法などによって、入出金申請後にアカウントまでの反映時間に時間がかかってしまう場合があります。

しかし、いくら待ってもアカウントに反映されない、心配で何をすればいいのか分からないという方に向けて、その解決方法を解説します。

1.個人→「オンライン決済サービス」への入金のトラブル

・決済会社へ送金が完了しているかを確認する

一般的に、決済会社へ入金申請完了後にはメール通知で完了メールが届く仕組みになっています。

この際、入金完了メールが届いているにも関わらず、決済会社のアカウントに入金額が反映されていない場合は、入金エラーとして決済会社のカスタマーサービスに連絡を取りましょう。

そもそも入金完了メールも届いていない場合は、もう少し時間を置いてみても大丈夫かもしれませんが、いつまでたってもメール通知が来ない場合は、カスタマーサービスに問い合わせをしましょう。

2.オンライン決済サービス→「ブックメーカー」への入金のトラブル

・ブックメーカーの最小/最大入金額を再度確認してみましょう

ブックメーカーには、入金として最小/最大入金額が決まっています。

この金額内で入金をしたのかを確認してみましょう。

また、クレジットカードを使っての入金の場合は、そのクレジットカードの限度額を超えていないか、初めて使うクレジットカードでブックメーカーなどのギャンブルに使えるカードなのかも確認してみましょう。

それでも解決しない場合は、念のために決済会社、ブックメーカーともに問い合わせをしてみましょう。

3.ブックメーカー→「オンライン決済サービス」への出金のトラブル

・アカウント情報に間違いがないか再度確認しましょう

ブックメーカーから出金ができないという場合は、決済会社のアカウント情報をよくみてて、間違いがないかを確認しましょう。

このアカウント情報が一文字でも間違っていると、個人情報の不一致として出金エラーが発生する原因となります。

4.オンライン決済サービス→「個人の銀行口座など」への出金トラブル

・何日後にアカウントに反映されるのかを確認しましょう

オンライン決済サービスから個人の銀行口座への出金は通常約2~3営業日後に確認できる事が多いです。

そのため、その日数を知らず、今日朝に出金申請したのにATMに行っても出金できる額が反映されていないと焦ってしまわないようにしましょう。

決済会社が提示している日数を過ぎても、資金が反映されない場合はカスタマーサポートに連絡しましょう。

ブックメーカーでお金を使いすぎないためには?


gambling-addict

日本でも問題になっているギャンブル依存症ですが、これはブックメーカーも無視できない問題です。

ギャンブル依存症とは、その人の人生に大きな損害が生じてしまうにも関わらず、ギャンブルを止められないという症状のことです。

あ酒やタバコを止められないという程度のものではなく、仕事を休んでまでギャンブルをする、消費者金融からお金を借りてでもするというところまで進み、最悪借金が膨らんでいき、詐欺などの犯罪行動まで起こしてしまうこともあります。

このように生活に支障が出るまでギャンブルを続けてしまうことは非常に深刻な問題です。

ブックメーカーなどのネット上でできるギャンブルには、ついついお金を使いすぎてしまうことや、時間を忘れてパソコンの前で遊んでしまうなどの誘惑が多いオンラインギャンブルですが、予防することは十分可能です。

ご自身でブックメーカーに使う金額は一ヶ月でいくらまでにする、いくらまで負けたら損切りとして一旦ブックメーカーから距離を置くなどといった独自の決まりを明確に立てることが重要です。

クレジットカードなどで簡単に入金できてしまうブックメーカーですが、特におすすめしている方法が、ブックメーカーの口座を作ることです。

ブックメーカー専用の口座を作ることによって、月初めに今月はいくらまでの金額を入れて、それからは決して触らないという決まりがついた、ギャンブル専用の口座を作るのはギャンブルでお金を使いすぎないために効果は抜群です!

今後、オンライン決済サービスを使うにあたって


きっと今後ブックメーカーを楽しみたいと思っている方は、まず多くのブックメーカーに登録して、皆さまにとって一番使いやすいお気に入りのブックメーカーに出会いましょう!

そこで、稼いだ資金をオンライン決済サービスを通じて出金したり、さらに楽しむために入金作業をおこなう際にも、どの決済ツールがブックメーカーと対応していて手数料も安いか、作業が簡単かなどと判断し使っていきましょう!