次に買い替えるスマホ機種は何がおすすめ?


年々スマホのスペックは高くなってきており、この10年で一気にスマホの保有率やスペックの高さなどが格段と上がりました。

現代では、スマホはもはや無くては生活ができないくらいです。

スマホのカメラ機能は、デジカメや一眼レフに負けないくらいの高画質で撮ることができますし、キャッシュレスで私たちの財布もだいぶ小さくなりました。

メッセージも24時間いつでもどこでも、多くのメッセージアプリが誕生してきて、世界中の人と繋がることも可能です。

そんなスマホを買い替えたい!長く使っているからそろそろ新しい機種にしたい!という方に向けて、ここではスマホ口コミランキングと一緒に、そのスマホメーカーが人気があるのかを解説していきたいと思います!


スマホ口コミランキングと人気メーカーとは?


特に、年々新しい機能やスペックが高くなっていくことが特徴のスマホは、たった一年前のモデルでも機能に違いが大きくあることが特徴です。

それだけ、スマホに求められている期待と改善力がすごいということですが、日本ではどのスマホメーカーが口コミで良い評価を得ているのでしょうか?

やはり毎日使うものですから、できればハイスペックで高機能付きのスマホであったら、より便利に使えますよね。

また、近年ではスマホでメッセージ、決済はもう当たり前、次は高速通信を使うゲーミング機能に特化するように年々更なる改善・開発の動きがされています。

例えば、スマホでも賭けることができるブックメーカーでは、世界中の対象となっているスポーツ試合にベットすることが可能です。また、近年ではほとんどのブックメーカーがライブベッティング機能を追加しています。

ライブベッティングとは、世界のどこかで行われている試合がライブ中継で観戦することができ、それぞれベッターのタイミングで賭けをおこなうことができるという機能のことです。

試合の途中でベットしても良いですし、または条件内であれば試合途中であればベット先を変更したり、取り下げることも可能なので、試合の進行具合によって人それぞれのベットの仕方で賭けることができますので、ブックメーカーの中でも一番人気といっても良いくらいの機能の一つだと思います。ぜひこの機会に、好きな海外のスポーツ試合にリアルタイムでベットする楽しさを体験してみてはいかがですか?!

では、ここからは2021年の国内スマホブランドシェア率と一緒に、それらの特徴をご紹介していきたいと思います!


人気ランキング第3位:京セラ(国内シェア率10.4%)

正直あまり聞きなじみのないスマホメーカーかもしれませんが、日本国内でも10%のシェアを誇る日本ブランドです。

メイドインジャパンとして、あんしんすまほや、GRATINAシリーズを出しています。また、日本でまだガラケーを販売している携帯会社の一つでもあり、ご年配の方にも使いやすい非常にシンプルなデザインと、操作性をそろえたラインナップが特徴です。

正直20代などの若い世代の方には少し物足りなさを感じるといったところが口コミの中での評価ですが、ご年配の方でスマホデビューするかたや、予備で一つ持っておきたいという方にはお勧めできるスマホメーカーであるといえます。


人気ランキング第2位:SHARP(国内シェア率11.2%)

sharp-aquos

国内シェア率第二位となったスマホブランドは、SHARPから発売されているスマホです。

特に有名な機種としては、AQUOSがシャープといったらのスマホシリーズですね。

AQUOSのスマホの特徴としては、タッチパネルの感度を高品質化したことにより、画面が水で濡れていても正確にタッチをすることが可能となりました。

もともと、液晶パネルを生産していたSHARPだからこそ、他のスマホではできなかった新しい技術を取り入れることが可能なのですね。

また、AQUOSのスマホのデザイン性も特に女性に好評で、手のひらにフィットするサイズ感や全体的に丸みを帯びた持ちやすい形状になっていますので、画面は大きくなくていいから手のひらサイズで収まる程度の大きさのスマホが欲しいとお考えの方にピッタリなスマホの一つといえるでしょう。


人気ランキング第1位:Apple(国内シェア率41.1%)

apple-phone

世界中でシェア率トップを誇るApple社のiPhoneは日本国内でも41%のシェア率を持ちます。

街中でも多くの方がiPhoneを持っている姿を頻繁に見かけますね。

また、一年に一回秋ごろになるとiPhoneの新シリーズがリリースされますが、今年はどこのデザインが変わるのか、そんな機能が追加されるのかなど世界中で話題にもなります。

そんな圧倒的な人気と知名度を持つApple社のスマホiPhoneの特徴はなんといっても、Appleの信頼性からくるデザインや機能性にある私たちの期待の高さではないでしょうか。

今年はそんな新機能が追加されるのか、どのデザインが変わるのかと一年越しに期待を込めていますね。しかも、Appleはそんな期待を裏切らないようなスマホ業界でも革新的な変化を常に私たちに提供していくといったことに、非常に信頼性とブランド性があるのだと思います。

そのため、2位のSHARP、3位の京セラの国産ブランドを越して、日本国内で第一位に位置しているのだと思います。

AppleのiPhoneユーザーはZ世代をターゲットしているように、比較的若い人たちの中ではスマホはAppleしか買わない、そもそも他の選択肢がないといった声も挙げられています。

国産ブランドのスマホにとっては、少々かわいそうな気もしますが、これが日本の若い方たちの価値観の一つなのだと思います。

お隣韓国では、逆にアメリカ産のAppleのスマホよりも、韓国国産ブランドのSamsungから出ているGalaxyを始めとしたシリーズが中心に若い方から年配の方までを対象に広まっています。

独自の国産ブランドを使おうという動きが強いのです。これは韓国だけに関わらず、中国など独自ブランドのスマホ機種を出している国の多くは、独自の国内企業のスマホや機械を進んで買おうという意識があるようで、日本は独自ブランドがあまり売れていないという少し悲しい現実も見えてきましたね。

カテゴリー: トレンド

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。